サーチュイン遺伝子の活性化

MENU

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)とは

長寿遺伝子

細胞の死を防止する事で老化を遅らせ、細胞中のミトコンドリアを活性化させてエネルギー効率を高めて
若さを保つ働きがあるのが、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子・Sirtuin)と呼ばれるものです。
よく特別な長寿の人だけが持っていると勘違いされがちですが、人間を含めた生き物であれば、誰でも持っているということが分かっています。

 

ただし長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)は普通に生活していても、眠った状態で働くことがないです。
でもせっかくもっている長寿遺伝子をどうせなら活性化させて長生きしたいですよね。
NHKでの番組で紹介された長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させる方法をご紹介します。

 

長寿遺伝子を活性化させる手段は2つのみ!

 

食事制限(カロリー制限)を行う

普通に食べる量を7割程度に減らす事で、長寿遺伝子が活性化する事が実験によって判明しています。
サーチュイン遺伝子は動物の長い飢餓の歴史の中で、飢餓対策として生まれたもので、長寿の人を調べるとみんな小食だったことがヒントになりました
NHKスペシャルでの長寿遺伝子活性化の方法では40代〜60代の被験者4人での実証実験をし30パーセント減らした食事を3〜7週間続けただけで、長寿を担っているサーチュイン遺伝子が目覚めて働き始めました。

 

このように長寿遺伝子のスイッチをオンにするにはカロリー制限をし、飢餓状態にする必要があるのですが、今の日本のように飽食の現代では、食べ物が豊富にあり、暴飲暴食、偏った食生活、肥満人口の増加などによって、思うように食事制限(カロリー制限)できない方が多いのが実情です。
そうったときに強い味方がレスベラトールなんです。

 

レスベラトロールを摂取する

もう一つがこれレスベラトロールを摂る!
従来はカロリー制限や食事制限でだけでしか長寿遺伝子を活性化させる事が出来なかったのですが、レスベラトロールが長寿遺伝子(サーチェイン)を活性化させる事がわかりました。
このことがテレビや雑誌で紹介され今注目を集めています。